求人の中で最も女性に人気の保育士の一日を知ろう!

子供と関われる求人!気になる保育士の一日の流れ

求人の中で最も女性に人気の保育士の一日を知ろう!

ウーマン

保育士の一日

女性の仕事求人で、常に上位にいる保育士。朝から夕方、夜に掛けて毎日パタパタしているため忙しいイメージがあります。気になる一日の流れについてご紹介していきましょう。ただ、各園で一日にすべきことは多少異なるので、気になる方は面接時に質問しましょう。

【保育士の一日】朝から昼

朝の7時半頃、早番が出勤してきます。登校時間までの約1時間は一日の保育の準備を行ないます。8時半、いよいよ登校です。荷物預かりから親からの伝言確認。そして9時半頃から保育開始です。基本11時半までは自由遊び、クラスでの活動など行ないます。ちなみに勤務体制が早番や遅番、時短勤務があります。それぞれで仕事内容が違ってきます。

【保育士の一日】昼から夕方

昼になったら昼食です。基本11時から11時半頃からスタートして12時半にはお片付けをします。その後はお昼寝タイムです。ちなみに10時半ごろには遅番が出勤していることが多いため、園児のお昼寝を早番と遅番、時短勤務の方全員で行ないます。お昼寝は12時半からスタートして約1時間から2時間の長さがメインとなっています。園児が寝ている間に事務作業です。連絡帳を記入、自分の仕事を進めるなどに当てられます。ちなみに15時にはおやつタイムがあります。喜ぶ子供を見る疲れも飛びます。

【保育士の一日】夕方から夜

そして降園時間です。16時半ごろから延長保育含む19時までは子供と遊んだり、親との会話をしたりします。その間に事務処理なども行ないます。最後に終礼して、明日の準備をしたら一日が終わりです。大変な一日ですが、他の仕事では味わえないことが毎日あるので楽しい仕事として人気があるんです。

【保育士をやっててよかった】嬉しい出来事ランキング

no.1

子供の成長を親よりも先に感じることができる!

最も保育士をしてよかったと思える瞬間が子供の成長です。昨日まで泣き虫の子供が、次の日には強いたくましい子に成長していたり、お喋りが上手になったりと成長を毎日、目の前で実感できるのは保育士の特権です。いきなり「せんせい」と呼べる様になった子供がいたら、保育士していてよかったと思える最高の瞬間です。

no.2

昼寝はまるで天使の寝顔!

毎日の仕事は忙しいです。それを乗り越えられるのが、子供たちの寝顔という保育士は多いです。子供の寝顔を見ているだけで「先生として頑張ろう!」とエネルギーになると言う方が多いです。

no.3

卒園した子の子供が入園した時!

意外と多いのが卒園児の子供が入園するケース。長年、保育士を行なっているベテランさんしか味わえない特権です。また、お迎えに来たのが卒園した子供というケースはかなり多くあります。よちよちしていた卒園児が中学生や高校生になっている姿を見ると、やっててよかったと思える方が多いと言われています。

広告募集中